《美容情報》普段のストレスが小顔に大きな影響

顔の凝りというのは、乳酸が蓄積されてしまうことになり、その結果むくみを引き起こしてしまいます。
乳酸が溜まってきますと、リンパの流れが悪化してしまい水分の代謝も悪くなってしまいますので、むくみなどのトラブル症状が現れてくるのです。

 

ストレスを溜めてしまうことで、顔の神経を使い過ぎてしまうことになり、顔が凝ってしまうケースはよくある話です。
疲れやストレスが原因となって進行している可能性が顔の凝りは本人に自覚が無かったとしてもありますのでご注意ください。

 

特に激しい運動をしていないのにも関わらず、顔に疲れを感じることが頻繁にあるようでしたら警告とお考えください。
ストレスをなるべく溜めずに生活を送り、小顔体操や造顔マッサージを実践し顔の凝りをしっかりほぐしてあげましょう。



《美容情報》普段のストレスが小顔に大きな影響ブログ:17/6/13

栄養バランスのとれたご飯を
日々きちんと食べましょう!

…って、よく聞きますよね?

見本の献立例を見て、
「こりゃ無理だ」と思ったり、
「これじゃあ足りないのでは?」など、
いろんな反応が返ってくると思います。

理想的と考えられるご飯例を示すこと自体は有用なのですが、
どうも誤解があるんじゃないのかなぁ…と、
私はそんな気がするのです。

理想的なご飯のモデルとして示されるような献立って、
たいてい1日分をほぼ均等に分けているんですよね。
なので、ぱっと見、学校の給食とか病院食風だったりします。

こんな理想的とされるご飯を
日々食べている方って少ないと思います。
病院に入院されている方は
日々このようなご飯だと思いますが…

多くの方が
理想的なご飯からかけ離れた食生活なのだとすれば、
日本の現状は相当に問題があるのでしょうか?
私たちは反省しないといけないのでしょうか?

これらのご飯例は
なるべく多くの日本人に参考となるようつくられており、
中にはこのご飯が参考にならない人も
いらっしゃるかもしれません。

それでも国からすれば
参考となるモデルを示す必要があるため作成されている…
そんな程度に考えて良いと、私は思っております。

生活習慣・食習慣を整える事は大切ではあるけれど、
私たち人間が当たり前に持つ欲求に、逆らうような努力というのは
長続きさせるのは難しいでしょう。

それぞれの栄養素は
1日毎に充足させる必要は無いのですから…
そんな画一的な栄養指導をされた場合には
ダメだしをしてあげましょう!

ご飯は人生の愉しみでもあることを忘れちゃいけない…と、
私は思うのです。