ここでは小顔についての最新お役立ち情報をご紹介しています。
《美容情報》普段のストレスが小顔に大きな影響

《美容情報》普段のストレスが小顔に大きな影響


《美容情報》普段のストレスが小顔に大きな影響
顔の凝りというのは、乳酸が蓄積されてしまうことになり、その結果むくみを引き起こしてしまいます。
乳酸が溜まってきますと、リンパの流れが悪化してしまい水分の代謝も悪くなってしまいますので、むくみなどのトラブル症状が現れてくるのです。

ストレスを溜めてしまうことで、顔の神経を使い過ぎてしまうことになり、顔が凝ってしまうケースはよくある話です。
疲れやストレスが原因となって進行している可能性が顔の凝りは本人に自覚が無かったとしてもありますのでご注意ください。

特に激しい運動をしていないのにも関わらず、顔に疲れを感じることが頻繁にあるようでしたら警告とお考えください。
ストレスをなるべく溜めずに生活を送り、小顔体操や造顔マッサージを実践し顔の凝りをしっかりほぐしてあげましょう。




《美容情報》普段のストレスが小顔に大きな影響ブログ:17/10/19

脂肪のつき方を果物の形にたとえて、
尻やももなど
下半身が太いタイプは「洋ナシ型」、
腹回りが太いタイプは「リンゴ型」と
呼ばれています。

自分がどちらのタイプかを把握すれば、
太りやすい原因や解消法がわかるので、
効果的に減量ができますよ。

まず「下半身太り」の洋ナシ型肥満は女性に多く
皮下脂肪がつきやすく、なかなか落ちないのが特徴です。

洋ナシ型肥満の方にピッタリな減量法は…

食べる事面では、
脂肪の多い肉、揚げ物、ケーキ、お菓子など
脂肪の多いものは控えめに!

メインのおかずは後回しにして、
野菜のおかずやごはんから食べると
脂肪の吸収を抑えることができますよ。

脂肪の代謝を助ける、
レバー、さば、納豆、モロヘイヤ、まいたけ、海苔など
ビタミンB2を多くとりましょう。

トレーニング面では
サイクリング、スクワットなど下半身を使った筋トレがおすすめ。
半身浴やマッサージなどで、血行を促進しましょう。

次に「上半身太り」のリンゴ型肥満は
男性、更年期を過ぎた女性に多く
内臓脂肪がつきやすく、動脈硬化、糖尿病などの
生活習慣病を招く恐れがあります。

リンゴ型肥満の方にピッタリな減量法は…

食べる事面では
ごはん、食パン、麺などの炭水化物、
甘いもの、ビールは控えめに
果物は適正量を守りましょう。

おかずを食べてからごはんを食べるようにして、
ごはんの量を減らすのがポイントです。

糖質の代謝を助ける
豚肉、ぶり、きな粉、枝豆、落花生、ひじきなど
ビタミンB1を多くとりましょう。

トレーニング面では
ジョギング、ウォーキング、水泳などの有酸素トレーニングが効果的。
内臓脂肪が燃焼し、腹回りがすっきりしますよ。

《美容情報》普段のストレスが小顔に大きな影響

《美容情報》普段のストレスが小顔に大きな影響

★メニュー

《美容情報》骨盤の歪みを自覚したら早目に改善
《美容情報》身体の内部から改善する骨盤ダイエット
《美容情報》美容で重要となる骨盤矯正
《美容情報》正しい位置に戻す骨盤ダイエット
《美容情報》新陳代謝を向上させる骨盤枕
《美容情報》骨盤ベルトが今大変注目されている
《美容情報》世界的に注目されている痩身施術
《美容情報》カウンセリングから始まるブライダルエステ
《美容情報》普段のストレスが小顔に大きな影響
《美容情報》エステなら無茶なダイエットは必要無し


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)誰でも簡単に実践出来ちゃう骨盤ダイエット効果